本文へスキップ

多摩川スカイプレシジョン株式会社

Tamagawa Sky Precision Co.Ltd.

経営方針CONCEPT

経営方針



我々は経営を通じ、国際的視野に立ちあらゆる技術の可能性を
追求し“ユーザー”の信用と人間尊重の精神をもって社会文化の
発展に寄与しあわせて会社と社員の永遠の繁栄を期するものである。


社長挨拶

CEO

                           ---------------------------------\--代表取締役社長  渡邊 鉄也

当社は昭和13年10月に東京都大田区大森の地に旧海軍航空廠の監督工場として航空機部品の製造を開始以来、航空機部品の製造及び整備作業、更にはその技術力を以って特殊油圧機器製品の製造・整備、自動車用部品の製造など幅広い分野に於いて営業活動を展開し、業界の多くの会社様より厚い信頼を頂戴しております。
また、高い安全性と信頼性が求められる最先端の技術に対応すべく、各種認定の取得、人材の育成に傾注し、品質の確保、更なる向上に努めております。
私共は今後ともお客様の立場に立ち、技術の革新に努め、信頼性の高い製品をお届けします。


《木更津移転背景》

 大森の地に於いては、現工場の配置が飛び地で工場が3カ所に分散し、且つ手狭なところがあるため規模拡大のネックになっていました。
 このネックを解消するため千葉県木更津市かずさアカデミアパーク内に新事業用地を獲得し、事業規模の拡大に十分対応可能な工場を建設することにしました。
 当社は航空機用装備品(ホイール・タイヤ・/ブレーキ/油圧部品/電装品)の整備、航空機用地上支援機材の製造・整備及びIHI製自動車用/船舶用過給機の部品製造、IHI製電気油圧式スッテッピングシリンダーの製造・整備、護衛艦の油圧モーター・熱交換器の整備等々の事業を展開しています。
 新工場移転により航空機装備品整備分野においてはMRO(Maintenance Repair & Overhaul)ビジネスを発展的に拡大し、汎用機部門においては自動車用/船舶用過給機の部品製造に力を入れ受注拡大を推し進め、その他の分野においても受注拡大を推し進めていくための拠点にしたいと考えています。 また、併せて生産設備の更新、効率的な生産ラインの構築を行い高品質、高生産性の工場を目指して参ります。


品質方針

1. 顧客満足を得るため、ニーズに対応し、 かつ製品の品質を保証
(QUALITYASSURANCE)し、もって顧客の信頼度の向上と社業の隆盛 を図る。

2. 品質目標を達成するために品質マネージメントシステム(QMS)の
 継続的改善を図る。

バナースペース

多摩川スカイプレシジョン株式会社

<本社・工場>
〒292-0818
千葉県木更津市
かずさ鎌足3-6-1

TEL:0438-40-4021(代)
FAX:0438-40-4038

<羽田営業所>
〒114-0041
東京都大田区羽田空港1-7-1
第二綜合ビル3階
TEL:03-5579-7255(代)
FAX:03-5579-7277

<飯田事業所>
〒395-0068
長野県飯田市大休1879
TEL:0265-21-1755
FAX:0265-21-1756